日本人むけ海外求人リサーチサイト5選!

*

アメリカでホリデーシーズンにデパートでの就職体験

   

家族の事情でアメリカに滞在していた時、知り合いに誘われ10月から1月初めまでのホリデーシーズン中の約3か月間、デパートで仕事をすることになりました。

主としてキャッシャーの仕事で、実際に勤務する前に、シーズン雇用の人たちで2日間ほど研修を受けました。

研修は会社のポリシーといった概要から、レジの使い方や緊急時の対応(例えば店内で誘拐事件が発生した時の対応)等実践まで多岐に渡り、正直2日間では覚えきれませんでした。それでも、その後すぐ現場のシフトに入れられ、レジの実践になりました。

最初の2時間程はベテランの方が後ろで見てくれましたが、その後はほぼ1人で、機械の使い方はもちろん、英語もネイティブではないので自信がなく不安いっぱいでこなしました。商品をスキャンするのは日本と同じですが、一番の違いは支払い方法でした。

現金、カード以外に個人の小切手による支払いも出来たのでこれに慣れるまで手こずりました。又、値段が正しく表示されない事も多く、お客様から指摘されるたびに、該当の売り場へ内線で問い合わせたり、また大型電化製品だとリベート担当者の打ち込み等もあり、日々が勉強でした。手順にとまどり、もたついた事もありましたが、お客様が皆さん寛容で本当に助かりました。

11月下旬の感謝祭の翌日はBlack Fridayと呼ばれ、全米中で早朝から大セールが始まります。その日は朝2時出勤、4時にお店がオープンし、4時半から8時過ぎまで休むことなくひたすらレジを打ち続けていた事が一番記憶に残っています

。忙しくて大変でしたが、戦利品をゲットしたお客様たちも皆ハッピーでこちらも心温まりました。わずかな期間の仕事でしたが、学ぶことも多く、よい経験になりました。

 - 未分類